†暇人の呟き†

気紛れに更新しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミュニケーション

会話や文章によるコミュニケーションは、実に便利なものである。
しかし、その便利さ故に、とんだ災いを呼ぶこともある。

こんな経験をした覚えはないだろうか。
自分はこう伝えたはずなのに、相手は異なった形で受け取ってしまった。
もっと解りやすく言えば、
自分は褒めたつもりだったのに、相手は怒ってしまった、など。

前にいってた『固定観念』の続きみたいな感じになるのだが、(・・・
これらは全て、会話や文章による言葉の“ずれ”が生じるためであり、
“ずれ”は個々人の持つ、観念によって大きく異なってくる。

意思伝達の中で、言葉と呼ばれる『プレゼント』を相手に与える、
と考えればいいかもしれない。
人は相手のことを想って、
こんなプレゼントなら喜ぶのではないだろうかと考える。
しかしそのプレゼントは、自分としては良い物だと思っているが
相手にとってはどうだろうか。
必ずしも、良い物として受け取ってくれるであろうか?

会話・文章というコミュニケーションは実に曖昧なものであり、
相手の想いを確実に認識することは不可能である。
つまり、会話には必ず、“ずれ”が少なからずとも生じてしまうのだ。

会話・文章による言葉は、個々人の認識によって勝手な解釈をされている。

なのに何故、コミュニケーションは成立するのであろうか。

それは、自分と相手の“常識”が
どれだけ近いかによるものである。
相手との“常識”が遠ければ遠いほど、大きな“ずれ”は生じてしまうのだ。

個々人によって、“常識”は異なる。
相手が良いと想って送った、言葉による『プレゼント』の中身が、
自分にとっては、G様(ゴキ…)のようなヤバい物かもしれない。

これは、G様=ヤバい物 という“私の”常識である。
しかしG様をプレゼントされて良いと想う人だっているかもしれない。

自分の“常識”では、
その“常識”の範囲でしか受け取ることしかできないのではないだろうか。

どのように解釈しようが勝手であるが、言葉には想いがある。
『良いと想って言った言葉』、『批難してやろうと想って言った言葉』・・・

難しいことではあるが、相手の本当の想いを解釈する努力をしてこそ、
より良いコミュニケーションをすることができるのではないだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/17(月) 23:57:29|
  2. *日常*
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嫌いな人 | ホーム | じゅうなな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://manakaao.blog59.fc2.com/tb.php/207-0063398a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

蒼

Author:蒼
別名ドクロ。
毎日寝て起きて寝てます。
あ、ちゃんとハミガキもしてるよ!
生息地:↓のリンクの『絵にっき』。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

ブログ解析『ブログラム』

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。